タイトル

アフィリエイトで稼げない人がどっぷりハマる5つの盲点




アフィリエイトに参入する人は多いがほとんどの人が思うように稼げず脱落していく。

アフィリエイトは簡単なビジネスではありませんが、稼げない原因を一つひとつ潰していけば大きく収益化を引き寄せることができます。

そこで今回は、稼げないアフィリエイターがハマりがちな5つの盲点を紹介しますので、当てはまると思った部分を改善し、ぜひ収益化につなげてほしいと思います。

1.お客様(訪問者)に真心を届けられていない

例えば、店舗を出店して物を販売するのであれば、直に販売者と客が対面する形になり、表情や身振り、声の感じから人となりや雰囲気をお互いに感じ合うことができます。
対面販売は真心が伝えやすい
店員さんが好印象だったので、ついつい必要のない物まで買ってしまったという話しはよく聞きますが、実はどんな商売であれ、本質は“自分を売る”ことなのです。

ですから、対面でおこなうビジネスに比べると、ディスプレイ上でモノを売るアフィリエイトは難しいと言えます。
アフィリエイトは対面で表現できない部分をカバーしなければいけないビジネスというわけですね。

しかし、アフィリエイトで稼げない人の多くはこの意識が欠けています。

自分のサイトに訪問してくれるお客様に対して真心を伝えなければいけないのに、広告をベタベタ張ったり、中身のない文章を書いたりしてお客様に真心どころかストレスを与えてしまっているのです。

2.検索ニーズに応えていない

アフィリエイトでは、リアル店舗でおこなわれる商売と違い、直接お客様からの要望を聞くことができませんから、訪問者(お客様)のニーズを予想し先回りして応えなければなりません。

例えば、訪問者が「ダイエット 効果的なやり方」と検索窓に打ち込んだ場合、以下のような心理がくみ取れるわけです。
  1. ダイエットで結果を出したい
  2. 間違ったダイエットをしたくない
  3. 最小限の労力でダイエットしたい
  4. できるだけ早く痩せたい
  5. 他の人がやって効果があったダイエット法を知りたい
アフィリエイトにおいては、こうした訪問者の検索意図を事前に予想して、それに対する回答をコンテンツとして用意してあげる必要があります。

ところが、稼げないアフィリエイターは「ダイエット 効果的なやり方」という検索に対し、太る原因についてつらつら書いたり、フィットネスジムやサプリをゴリゴリ押したりと、訪問してきたお客様の気持ちをくみ取っていないのです。

当然、そのような検索意図からズレた情報は読まれませんから、アフィリエイトの成果にはつながりません。

【関連記事】SEOで検索上位表示できるキーワードの選び方

3.独りよがりになっている

自分が良いと思うものが万人にも評価されるとは限りません。

例えば、あなたがヘヴィメタルが好きだとしましょう。しかし、その趣味に同調する人はかなり少数なのではないでしょうか?
アフィリエイトで稼げない人の中には、需要を無視して自分の好きな分野のコンテンツを作り込んでしまう人が多いのです。
もちろん、それでもコアなファンを獲得できると思いますが、収益面では期待できません。ビジネス目的でアフィリエイトやるのであれば、しっかり需要のある分野で勝負しなければなりません。


もし需要のある分野の専門知識がなく、コンテンツを作るのが難しいのであれば、勉強して知識を身につければいいわけです。

4.謙虚に学び入れる姿勢が不足している

どのような仕事においても、最初は正しいやり方を誰かから学ばなければなりません。
実際に新人として会社に入社すると、3ヶ月~半年間は研修期間が設けられ、仕事のやり方をみっちり学ぶのが普通ですし、会社が新規事業を立ちあげようものなら、新しい分野のプロジェクトについて、新人、ベテラン関係なく勉強していく必要があります。

また、社内で自分の成績が振るわなければ、改善点を洗い出したり、勉強し直したりしなければいけないときも往々にしてあります。
こうしたことはアフィリエイトに関しても同様で、アフィリエイトで成績を上げるためには、新人でもベテランでも謙虚に、主体的に学んでいく必要があるのです。
成績の悪いアフィリエイターは、こうした姿勢が欠けている場合が多く、自己流ですすめてしまいます。


おすすめしたいのは、積極的に他の人からの意見に耳を傾けることです。実績のある人にコンサルしてもらうのが最善ですが、身近な人に自分のサイトを見てもらって意見を述べてもらうなどすると、意外と改善点が見えてきます。


自分のサイトを見てもらうことは大切


【関連記事】検索順位をSEO対策で上げるには?必要な5つのポイント【2019年版】

5.稼ぐことばかり考えている

アパレルショップで店員にしつこく売り込みをされたという経験をした人も少なくないと思います。
中にはそのような売り込みは大歓迎!という人もいるかもしれませんが、多くの人は売り込みを嫌います。無理やり買わされるのではないか、騙されるのではないかと警戒を強めてしまうわけです。

また、こうした“売り”の強さは、下品な印象をお客様に与えてしまいます。この客にモノを売れば自分が得するという欲望が垣間見えてしまい、下品な印象になってしまうのです。
良い商品であっても、そのような人からはモノを買いたくないですよね。

アフィリエイトについても同様で、訪問者が「なんか売り込まれているな」と感じてしまうと、購入につながりません。まずは、訪問者に対して精一杯役立つ情報を提供することが最優先なのだと認識しましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトで稼げない人に共通する盲点を5つ紹介してきました。当てはまるものがあるのであれば、今すぐ改善していきましょう。

ディスプレイ上のやり取りであっても、アフィリエイトは“人対人”のビジネスなのです。

訪問者に対して真心をもって対応していけば、必ずアフィリエイトで収益をあげられますので、頑張っていきましょう!

【関連記事】副業でブログをやっても稼げない3つの理由と稼げる人の3つの特徴