タイトル

転職の不安を払しょくする3つの方法と負のスパイラルを断ち切る方法




転職によって環境や人間関係、生活スタイルが大きく変わることがあります。

ですので、うまくやっていけるだろうかと不安になるもの。特に未経験の分野への転職であればなおさらのことです。

そこで今回は、転職の不安を払しょくするためにはどうしたらよいのか、その具体的な方法について紹介します。

転職に不安を感じるのは「心理性ホメオスタシス」が作用しているため

転職に不安や恐怖を感じると「自分は他の人よりも臆病なのではないか」とか「自分には根性や勇気がないから不安になるのだ」と思うでしょう。
不安の背景にはホメオスタシスがある
しかし、こうした不安や恐怖の根底には、人間が本能的に持っている「ホメオスタシス」の作用があります。

ホメオスタシスとは?

生物学上の概念で、生体の体温や塩分濃度や血液量などの内部環境を一定の状態にキープしようとする体の働きのこと。
こうした作用は体内だけでなく、心理面でも起こります。

ヒトは心理性のホメオスタシスの働きによって、現状の環境が安全に生きられるのであれば、それをキープしようとします。
このようなわけで、未知の環境に飛び込もうとするときに不安や恐怖を感じるわけです。

ですから、転職で不安や恐怖を感じるのはヒトとして正常なことなのです。まず前提としてこのことを理解しておきましょう。これだけでも少し肩の力が抜けるのではないでしょうか?

転職の不安を払しょくするために今すぐできる3つのこと

転職の不安は正しい視点を持ったり少し踏み込んで行動すると意外にもあっさり軽減するものです。

そこで、今回は転職の不安を払しょくするために今すぐにできることを3つ紹介しますので、ぜひ役立てていただければと思います。

不安の原因を洗い出す

転職に不安を感じる人に対して「何が不安なのか?」と尋ねると、意外なことに明確な答えが返ってきません。
多くの人は、なんとなく転職に不安を漠然と抱いているのです。
ですので、まず実行してほしいのが、不安や恐怖の根源を洗い出すこと。
その上で、どうやったら解消できるのか?どのように対策したらいいのか?を考えるのです。この作業をすることによって、自分の不安や恐怖が実はたいしたものではなかったということに気づくこともあります。


多くの場合、不安の根源は収入や業務内容、会社の業績や将来性だったりするわけですが、こうしたことは応募や面接の段階で確認できますし、ネットや会社四季報、就職四季報などで自分で調べることもできます。

ようするに、しっかり情報収集することで多くの不安は払しょくできるわけです。

【関連記事】転職で失敗しないために!求人広告の見方7つの重要ポイント

採用基準は企業によってさまざまなことを思いに留める

「自分には市場価値がなく、どこも雇ってくれないのではないか?」「転職回数が多いのでどこも採用してくれないのではないか?」など、このようなことも不安材料になります。

転職できるかどうかは、採用側の企業の判断によりけりで、こちら側が決定を操作できるものではないことが不安をあおるわけです。

しかし、中途採用の場においては、思わぬところが評価されることも多々あります。
採用基準はさまざま
例えば、ある大手のソフトウェア会社は半分以上が中途採用ですが、その大部分は、金融や流通、メーカーなどの、畑違いの業種からの転職者が占めているそうです。

なぜなら、この会社は自社製品の販売をさまざまな業種に拡大していくため、それぞれの業界に精通していて、ニーズを的確に把握できる社員が必要とされているからです。

また「転職回数が多い」ということが逆に有利に働く場合もあります。
面接官によっては「何度も転職して飽きっぽいヤツだな」と評価する人もいますが、その一方で「この人は自分のやりたいことを見つけるのに本気なのかもしれない」と評価する面接官もいるのです。

つまり、どの部分がどのように評価されるのかはわからないわけです。

こうした事実を理解しておくようにすると、気持ちがフラットになるので、不安の軽減になると思います。

【関連記事】転職の面接における自己紹介で高評価を得る秘訣と注意点

転職エージェントを活用する

何をやるにしても、一緒になって取り組んでくれる人や、アドバイスしてくれる人がいると不安が和らぎます。

一人で転職活動をしていると、焦りや不安から「雇ってくれるならどの会社でもいい」となってしまいがちになり、判断を誤ってしまうことも多いです。

ですので、おすすめしたいのは転職エージェントの活用です。

業者によってサービス内容は多少異なりますが、多くの転職エージェントは、必要書類の書き方から面接指導、採用・入社までを二人三脚でサポートしてくれます。

転職活動が一人で心細くて不安な人はぜひ活用してみてはどうでしょうか?

【関連記事】転職エージェントの上手な活用法!遠回りしないための3つのポイント

転職の不安のスパイラルを断ち切る方法

ここまでで、転職の不安を払しょくする方法について紹介してきました。

水を差すようですが、今回の転職で良い会社に入れても、ある意味「転職の不安」というのはこの先もずっと付きまとうでしょう。
転職の不安は消えない
なぜなら、会社とは恒久的ではないからです。
売り上げがダウンすれば、従業員を削減したり事業所を閉鎖したり、給与をカットしたりします。
また、経営方針が変われば、待遇や業務内容、労働条件も変わるわけです。

ですから、良い会社に転職すればこの先ずっと安泰、もう転職することはないとは言えないのです。

そういった不安を解消する手段としておすすめしたいのは「複数の収入源を持つこと」です。

良い会社に入れたとしても、1つの収入源に依存してしまうとそれがダメになったときに手の打ちようがなくなってしまいます。
しかし、会社の収入以外に副業で収入があったならどうでしょうか?
もし会社に不測の事態が起こったとしても最悪の事態は回避できますし、収入源が他にもあるということが安心材料になるため、仮に再び転職活動することになったとしても気持ちに余裕をもっておこなうことができます。


ですので、副業は転職の不安のスパイラルから脱出するもっとも有効な手段です。

【関連記事】在宅でできる副業のおすすめを厳選!収入減時代を生き残れ【2019年版】