タイトル

転職エージェントの上手な活用法!遠回りしないための3つのポイント




現状の会社でこの先も働き続けることに不安になったり、フリーターをしているが「ずっとこのままでいるわけには・・・」と不安になる人は少なくありません。

現状の会社を辞める、またはフリーターから正社員になりたい場合、転職エージェントを活用するという選択肢があります。

とはいえ、転職エージェントはうまく活用しないと思い通りの結果が得られません。

そこで今回は、転職エージェントの上手な活用法について3つ紹介します。

転職エージェントを上手に活用するために、まず理解すべきこと

転職エージェントを上手に活用する上で、まず理解しておくべきことは「転職エージェントは転職の支援をビジネスとし、利益を追求している企業」ということです。

転職エージェントは求人企業に対し、適任の人材を紹介し入職させることで、企業から手数料を得るというビジネスモデルで成り立っています。

そのようなわけで、利用者(求職者)が求人企業の要件・要望を満たしていない場合、求人情報の紹介はおこなわれません。

利用者からすれば、無料でサービスを受けられるので、まるでハローワークに仕事探しに行っているような感覚になりがちですが、ハローワークと転職エージェントはまったく異なるのです。
つまり、利用者は転職エージェントにとって「成果が期待できる存在」になる必要があるということなのです。


これこそ、転職エージェントを上手に活用する上で必要な視点である。ということをまず理解しておきましょう。

転職エージェントの上手な活用法①
短期決戦だと心得る

転職エージェントの利用者の中には、転職は納得のいくまでじっくり時間をかけてやっていきたいという人がいます。

一方で、転職エージェント側はそう考えません。

なぜなら、前項でもふれたとおり、転職エージェントは転職を支援することで利益を追求している企業なのです。
転職エージェント
利用者を担当するキャリアアドバイザーやリクルーティングアドバイザーもサラリーマンですから、成果を出すために働いているわけです。
会社とは“いつ成果につながるのかわからない、当てにならない事案”を時間をかけて追及することはしないもの。
ですから、転職エージェントとしては自社のビジネスを前に進めていくために、最短で利用者を転職させたいと考えているのです。

そのため、利用者が悠長に構えていると「転職をする気があるのかよくわからない人」という評価をされ、サービスの質を落とされてしまう可能性も否めません。

大切なのは、転職への意欲を言葉と行動で転職エージェントにしっかり伝えることです。そうすれば、転職エージェントもサービスを強化してくれます。

転職エージェントの上手な活用法②
必要書類の提出やメールの返信は迅速に

前項でもお話ししたように、転職エージェントを利用しての転職は短期決戦となります。

キャリアアドバイザーやリクルーティングアドバイザーは他の利用者の案件も抱えていて多忙なことが多いため、コミュニケーションはメールが中心となることがほとんどです。

ですから、利用者としてやる気をアピールするためにも、履歴書・職務経歴書などの必要書類の提出や、メールの返信などはできる限り迅速におこないましょう。

実は、キャリアアドバイザーは利用者との一連のやり取りも判断材料にしているのです。

そもそも、このようなことはビジネスパーソンに不可欠な要素ですから、しっかり対応していかないと社会人としての姿勢そのものが疑われてしまいますよね。

転職エージェントの上手な活用法③
求人企業への応募はドタキャンしない

最後に、転職エージェントの立場も考えて行動していくことも大切です。

転職エージェントは、履歴書・職務経歴書の添削や面接のリハーサル、求人企業との交渉など、色々な支援をしてくれます。

実際、求職者を求人企業と引き合わせるまでにかなりの時間と労力を費やすことになるのです。

しかし、入社が決まっているなど最終段階まできたのにも関わらず、利用者が応募をドタキャンしたらどうでしょうか?
ドタキャンする男性
転職エージェントにとって、求人企業は顧客になるので、起こってしまったことを顧客に謝罪しなければなりません。

一番の痛手となるのは、求人企業からの信頼を失ってしまうこと。

「おたくが紹介する人材は信用できない人が多いね~」などと評価されてしまうこともあるのです。

このようなことが一度でも起こってしまうと、転職エージェント側も再び同じことが繰り返されるのを危惧し、次の案件を紹介しなくなっていきます。

ですので、転職意欲の高さを示すことも必要なのですが、紹介される求人に対してしっかり判断していくことも必要なのです。

まとめ

ここまでで、転職エージェントを上手に活用する上で必要な3つのポイントについて紹介してきました。

現在、人手不足の企業が多く求人数は増えていますが、自分に合った会社を見つけるのは容易ではないため、転職エージェントの活用は必要不可欠です。

本記事を参考にして、上手に転職エージェントを味方につけましょう!

おすすめの転職エージェント一覧