タイトル

運動なしでダイエットしたい人におすすめ!今からできる5つのメソッド




基本的にダイエットを成功させたいなら運動が一番効果的です。
とはいえ、モチベーションを保つのが意外と難しかったり、時間がなかったりで、運動を習慣化するのは至難の業ですよね。

そこで今回は、運動なしでダイエットを成功させるための5つのメソッドを紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

※写真はイメージです

パーソナルトレーナー

[取材協力]
新堂修平さん
NSCA認定パーソナルトレーナー。現在はフィットネスクラブを経営しフィットネスインストラクターやスポーツ指導者として活躍中。

運動一切なしでもダイエットを成功させるには?

現状よりも痩せるためには、摂取するカロリーを減らすと同時に、消費カロリーを増やす必要があります。

多くの人は摂取カロリーを減らすことはできても、運動で消費カロリーを増やすのが難しいようです。

「有酸素運動を最低20分やらないと脂肪は燃焼しない」と言われていますが、最新の研究によるとそうとも限りません。 ヒトの脂肪は、食習慣や生活習慣をほんの少し見直すだけでも、かなりの量が燃焼するということがわかってきています。

1.きびきび歩く習慣を身につけるだけでダイエットになる

先にもふれましたが、昔から「有酸素運動を最低20分やらないと脂肪は燃焼しない」と言われてきました。
実は、ヒトのエネルギー源は糖質と脂質の2つがあり、運動した場合、最初は糖質から消費され、その後20分くらい経過すると、糖質よりも脂質の消費量が多くなっていきます。
このようなことから「有酸素運動を最低20分やらないと脂肪は燃焼しない説」が広まったようです。
しかし、最近の研究では、ランニングなどのハードな有酸素運動では糖質がメインに消費され、ウォーキングなどの比較的軽い有酸素運動では脂質がメインで消費されることがわかっています。


ですので、脂肪を燃焼させるためには必ずしもハードな運動は必要ないということです。
例えば、駅までの道をキビキビ10分あるくとか、階段を使うようにするなどの運動でも脂肪燃焼は十分期待できます。
キビキビ歩くだけで脂肪は燃焼する
【関連記事】内臓脂肪を効率良く落とす秘訣は運動する時間帯にあり!

2.夜の過ごし方を見直すだけでダイエットになる

睡眠を誘導するために夜にお酒を飲む人は多いです。確かにいったんは寝付きが良くなりますが、アルコールによって浅い眠りが延々と続くことになり、睡眠の質としては最悪です。

量にもよりますが、寝る前にお酒を飲んだ次の日は、なんとなくだるさを感じませんか?

このような状態ですと、日中の活動で積極性や集中力がなくなり、ボーっとするようになります。
その結果、疲れるからといってエレベーターやエスカレーターを使ったり、室内に引きこもるようにもなります。これでは日中に全然脂肪が燃焼されませんね。
ですので、夜の過ごし方はダイエットに大きく影響するのです。夕食を食べ終わったらお風呂に浸かったり、アロマを焚いたりしてリラックスモードに切り替えましょう。

こうすることで、副交感神経が優位になり、睡眠の質が向上するので日中に自然と脂肪が燃焼しやすくなるのです。

【関連記事】お酒はなぜ内臓脂肪を増やす?お酒と上手に付き合ってヘルシーに痩せよう

3.夕食を見直すだけでもダイエットになる

前項で、睡眠の質が脂肪燃焼に関わってくることにふれましたが、質の良い睡眠は「夕食に何を食べるか」にも大きく左右されます。
良い睡眠を促進する副交感神経は、夕方くらいから優位になり始めるのですが、食べるものによっては副交感神経の働きが弱くなってしまうのです。
例えば、脂肪分が多いお肉や油っこいものは、副交感神経の働きを弱めてしまいます。
こうした高脂肪な食べものを夕食に食べると、消化に時間と手間がかかるため、寝ているときも内臓がフル回転することになり、質の良い睡眠ができません。

ですので、夕食はあっさりめで胃腸の負担にならず栄養のバランスが良いものをチョイスしましょう。 例えば、以下のような品目です。
  • 穀物
  • いも類
  • 海藻類
  • きのこ類
  • 果物
  • 緑黄色野菜
  • 淡色野菜


【関連記事】痩せるための食事法を紹介!今すぐ取り入れるべき5つのポイント

4.靴を変えるだけでダイエットになる

女性であれば、オシャレで高いハイヒールを履く人も多いと思います。また、仕事上でのマナーとしてハイヒールを履く必要があるという場合も多いと思います。
しかし、ハイヒールを履いての歩行は本来人間の「かかとから着地してつま先へと重心が移動する」歩き方ができません。
ふくらはぎの筋肉を正しく使えず、かかとが上がってつま先立ちする格好になるため、体全体が前傾姿勢になります。
このような状態ですと、ふくらはぎの筋肉や腹筋などの“シャープな体のラインを作る筋肉”が衰えてしまい、太った見た目になってしまいますし、筋肉が衰えることで脂肪の燃焼量も低下します。

また、厚底の靴にも注意です。
厚底の靴だと、ソールが硬くて歩くときに足裏の骨が曲がらないので、正しい歩行ができません。

ですので、靴を選ぶときはデザインを最優先するのではなく、正しい歩行ができるかどうかを重視することをおすすめします。
正しい歩行ができる靴がおすすめ
【関連記事】脚が太いのは筋肉のせい?プロのトレーナ―が教える本当の脚やせ法

5.電車で立っているだけでダイエットになる

トレーニングジムでもよくおこなわれるエクササイズ法に、バランスボールやバランスボードを使用したものがあります。

こうしたトレーニングでは、体を不安定な環境下に置くことにより、関節を安定させる筋肉を鍛えることができ、脂肪が燃焼されやすい体になるわけです。

ですので、日ごろから関節周りの筋肉を鍛えることは大切です。

実は、バランスボールやバランスボードなどの器具がなくとも、こうしたインナーマッスルを簡単に鍛えることができます。

例えば、電車は最適な“アイテム”です。急発進や急ブレーキなどに備えて手すりの近くでおこなうのがおすすめですが、手すりにつかまらない状態で足の幅を少し広げて立ち、電車に揺られるとバランスボードと同様の効果が得られます。
電車で立っているだけでダイエットになる
こうした電車を利用したトレーニングを続けていると、インナーマッスルが育ち、脂肪が燃焼しやすくなるだけでなく、体のバランスも整うのでボディラインがキレイになります。

まとめ

本記事では、運動しないでダイエットを成功させるメソッドを5つ紹介しました。

こうしてみると、今から取り組めそうなことがいくつかありそうですよね。
ハードなトレーニングよりも、小さな習慣をコツコツ積み重ねることが大切です。ぜひ頑張っていきましょう!