タイトル

ラクビの効果アップ間違いなし「モチリン」と上手に付き合う方法




便秘を解消してダイエットや健康に繋げたいと期待してラクビを購入する人は多いのではないでしょうか?

実は「モチリン」を上手に働かせるとラクビの効果アップにつながるのでおすすめです。
  1. ラクビの効果を左右する「モチリン」って何?
  2. 「モチリン」がラクビの効果アップにつながる

ラクビの効果を左右するホルモン「モチリン」って何?

「モチリン」と言われても何なのかわからない方がほとんどだと思います。

しかし、ヒトは「モチリン」の作用を受けながら日々生活しているので、かなり身近な存在でもあります。

ヒトは空腹になったとき、お腹がグ~ッとなりますよね。
お腹が鳴る
この現象はモチリンがもたらしています。
モチリンとは、十二指腸やその先の小腸から分泌されるホルモンのことで、モチリンが分泌されると、胃や腸はそれに反応して強い収縮運動をするようになります。
この強力な収縮運動によって、ヒトのお腹は「ぐぅ~」と鳴るのです。
このような収縮を行うことによって、胃や腸は自身の中に残っている食べ物の残りカスや、胃や腸の内膜から剥がれ落ちた細胞などのゴミを便として外に出しやすくしているのです。


(歯磨き粉がなくなってきた時に、チューブを絞るとブーッと音を立てますが、それと似たような現象です)

要するに、お腹が「ぐぅ~」と鳴るのは、胃や腸が自分自身の掃除をしている証拠なのです。

ですので、モチリンがちゃんと分泌されることによって、胃や腸内は良い環境を保てるわけです。

逆に、モチリンがきちんと分泌されないと、胃や腸内にゴミが溜まりがちになります。

こうして腸内環境も悪化していくわけです。

モチリンの分泌を促すにはどうしたら良いの?

では、モチリンの分泌はどのようにすれば促進できるのでしょうか?
モチリンは基本的に「何も食べていない状態」が8時間続くと分泌されると言われています。


ですから、私たちが寝ている間にモチリンは分泌され、胃や腸が掃除されている形なのです。

しかし、夜食などを食べてしまい、何も食べない状態が8時間を割り込むと、モチリンは分泌されないことになります。

その結果、腸が掃除されなくなり、腸内環境は悪くなっていってしまうわけです。

日頃から夜食を食べるなどして食生活が乱れている人に腸内環境の悪化が顕著にみられる理由はここにあります。

さらに、こうした不規則な食習慣は、自律神経のバランスを乱しますが、こうしたこともモチリンの分泌を阻害する要因にもなります。

なぜなら、自律神経が刺激される(特に副交感神経)ことによってもモチリンは分泌されるからです。
モチリンの分泌を促進するには、規則正しい生活が必要不可欠

モチリンの分泌はラクビの効果アップにもつながる

これまで、モチリンの働きや特徴についてお話ししてきましたが、モチリンが分泌されない腸内環境は、ラクビにとって不利な環境とも言えます。

なぜなら、ラクビは腸内環境を改善しようと働いてくれるのに、モチリンが分泌されない腸内環境が足を引っ張る形になるのですから。

しかし、逆にモチリンが分泌されている腸内環境の下では、ラクビの効果アップも期待できます。

モチリンとラクビの狙いは、腸内環境の改善という点で一致しているのですから。

やはり生活習慣はラクビの効果を左右しそう

これまでのことを踏まえると、生活習慣がどうであるかがラクビの効果を左右すると言わざるを得ません。

生活習慣がきちんとしていれば、モチリンとの相乗効果でラクビの効果アップが期待できます。

しかし、逆に悪い生活習慣は腸内環境をつくるため、ラクビの効果も半減です。

ですので、ラクビの使用と同時に生活習慣を見直してみることをおすすめします。