タイトル

ラクビ飲んでも痩せない原因を徹底追及したら2つの原因が!




ラクビは若い世代からミドル世代を中心に幅広く人気のダイエットサプリ。
しかし、ラクビは“魔法の痩せる薬”でもなく、すべての人に効果があるわけでもありません。
実は、私はラクビの愛飲者なのですが、効果を最大限に引き出せば、十分痩せる効果を期待できると思います。

「ラクビで痩せない」原因に悪玉菌が関係

ラクビにダイエット効果が期待できる理由は、ひとことで言うと、腸内菌のバランスが調整されることによって、代謝の促進につなげることができるからです。
運動すればカロリーが消費されるので痩せることができますが、カロリーが消費されやすい体(代謝が高い体)をつくるという観点から痩身を目指すのであれば、安静にしている状態でも消費するエネルギー量(基礎代謝量)を増やさなければなりません。
そのカギを握るのが腸です


本来、消化された栄養は腸壁を通過して血管に取り込まれ、全身をめぐり各所で代謝の材料になっていきます。

しかし、便秘によって便や老廃物が腸に長時間とどまっていると、こうした「毒素」が栄養ともども腸壁から取り込まれ全身をめぐってしまうことになります。

当然のことながら、このような毒素は代謝の材料にならないため代謝は低下してしまう。

ですから、腸内環境が悪い状態は基礎代謝の低下を意味するわけです。 ですので、基礎代謝が高い体(安静にしていてもエネルギーを消費する体)を作るためには、基礎代謝を上げる起点となる腸を元気にすることが絶対条件なのです。

それを邪魔するのは腸内に棲む悪玉菌です。 ラクビは善玉菌の増殖を促し、悪玉菌より善玉菌を優勢にすることにより、腸が元気になるように仕向けます。
しかし、ラクビを使用して善玉菌を腸内に増やそうとしても、その一方で悪玉菌を増やすような行為をしてしまっては、効果も打ち消されてしまうのは想像できますよね。


要するに、ラクビを使用しても痩せないというタイプの方は、普段から悪玉菌の繁殖を促してしまう生活リズムや食習慣を送りがちになっている可能性があるため、改善が必要かもしれません。

では、ラクビの効果にブレーキをかける(悪玉菌の繁殖を促してしまう)生活や食習慣には、どのようなものがあるかを具体的に見ていきましょう。

ラクビで痩せない原因 ①
悪玉菌にエサを与える食べ物ばかり食べている

腸内細菌たちは、私たちが摂取した栄養の中から自分の好物を拾集して食べ、その代謝物として「短鎖脂肪酸」を作り出す働きがあります。

この短鎖脂肪酸は、腸の粘膜にバリアーを張って病原体の侵入を防いだり、脂肪の吸収を抑えたり、燃焼を促したりするのです。

しかし、私たちが腸内菌の好物ではなく、腸内菌が嫌うものを食べ続けると、腸内菌はヤケを起こしてしまいます。

普段は温厚な腸内菌ですが、ヤケを起こすと腸内に老廃物を増やしたり、有害物質を作り出します。

この起点となるのが「悪玉菌」です。

悪玉菌を繁殖させてしまう食習慣によって、腸内環境はあっという間に悪化してしまうのです。

いちがいに言いきれない部分はありますが、下記の食材や食品は腸内菌が嫌うものの一部です。

生野菜に偏った食生活

生野菜は、食べることで栄養がたくさん摂れますし、腸内を掃除する食物繊維も摂れるので、善玉菌の繁殖を促進します。

しかしその一方で、生野菜ばかり食べていると、腸に負担をかけて悪玉菌を増やしてしまうことになるのです。

腸内菌に良い食品であっても偏りは禁物です。

甘い物

腸内の糖分濃度が一定レベルまで上がると、胃は機能を一時的に停止させることがあります。

そして、腸内の糖分濃度が一定レベル以下に戻ると、胃は再稼働します。

これを“糖反射”と呼ぶのですが、このように消化器官の機能が一定時間停止すると消化不良が起こるのは当然のことです。

消化不良になった食べ物は悪玉菌のエサになりやすく、悪玉菌を増やす結果になります。

脂肪分の多い食べ物

お肉はそれ自体も消化が悪く、悪玉菌のエサになりますが、特に脂肪が多いお肉は消化がとても悪く、悪玉菌が繁殖しやすくなります

バランスの良い食事を普段から心掛けないと、腸内はあっという間に悪玉菌で溢れかえってしまいます。


先にも述べたように、悪玉菌を増やす食生活は、善玉菌を増やそう増やそうとするラクビの効果を打ち消してしまいます。つまり、効果がプラスとして表れにくいわけです。

ですので、そのようなことがないように、ラクビの使用と並行して、食生活を改善することを強くおすすめします。

ラクビで痩せない原因 ②
ストレスが善玉菌の元気を奪っている

ラクビは善玉菌の増殖を促すわけですが、その善玉菌が、ある原因によって元気をなくしてしまう場合があります。

その原因とはズバリ、ストレスです。
ストレス
現代に生きる私たちは、家庭や職場でのストレスに加え、SNSが原因でストレスを感じることもあります。 実は、このようなストレスと腸内環境は密接な関係があります。

ストレスは善玉菌を減らします。下記の実験結果からも明白です。

腸内細胞学の第一人者で、東京大学の光岡教授が自衛隊のレンジャー部隊の訓練生を対象にした研究を行ったことがありました。
自衛隊のレンジャー部隊
訓練が始まる前と終わった後で、腸内環境にどのような変化があったのかを調べたところ、訓練を受ける前の腸内環境は良好であったにも関わらず、訓練を終えると、たったの2週間で老人と同じくらいのレベルの腸内環境まで悪化していたことが分かりました。
強いストレスを受け善玉菌がものすごく減少したからです。
この研究結果からも分かる通り、もしあなたが日常的にストレスを感じているなら、ラクビの効果を打ち消さないためにも、ストレスを緩和する工夫をする必要があるでしょう。

ストレスは善玉菌の元気を奪い去ってしまうのです。

ラクビで痩せないということがないように

これまで、ラクビを飲んでも痩せない2つの原因についてお話してしてきました。
  1. 特定の栄養に偏った食生活
  2. ストレス


この2つが悪玉菌を増やしてしまう原因なることは間違いないわけで、ラクビの働きと相反する要因です。 ラクビには、善玉菌を元気にする効果が期待できるのですから、私たち自身がその効果を打ち消してしまっては意味がありません。

ですので、ラクビは、食生活の改善やストレスの緩和に取り組める方には特に、有用なサプリメントだと思います。