タイトル

【幸せに生きるための30代の生き方】今すぐ見直すべき5つのこと




30代の生き方はとても大切です。

仕事や家族との関係、パートナーシップなどは、30代でどう取り組むかによってその後の人生が大きく変わるからです。

そこで今回は、人生の分かれ道となる30代をより良く生きる上で、見直してほしいことや参考にしてほしいポイントを5つ紹介します。

30代の生き方次第で人生が変わる!人生でもっとも大切な10年

30代にもなると、ある程度自分の人生のロードマップが見えてくるようになります。

10代、20代の「自分は何でもできる!」という幻想が崩れてゆき、歳をとって衰えていく自分に気付き始めるのも30代です。

そのような自分に起こる変化にも戸惑っていられないのが30代。

仕事では、役職がついて部下を持ったり、裁量が大きくなったりして、猛烈に忙しくなります。
30代は忙しくなる
また、生活面でも結婚して子供をもうけたり、住まいを購入したりするなどで、これまでと180度違う生活スタイルに変化することも多々あるでしょう。

30代は長い人生の中でも激動の10年と言っても過言ではありませんが、この激流にのまれるがままなんとなく過ごしてしまうと、あっという間に40代に突入してしまいます。
30代は衰えこそ始まってしまっているものの、まだまだ体力・気力が残っています。そのリソースを使える最後の10年とも言えるのです。


ですので、30代の10年間をどう生きるかを熱心に考え、行動していくことをおすすめします。

そのために、ぜひ以降の5つのポイントを参考にしてほしいのです。

1.現状の仕事を見直す

30代になると結婚したり子供ができたりして経済的負担も大きくなっていきます。
仮に独身であったとしても、親が現役を引退したり、病気になったりするなどで何かと経済的負担が大きくなっていく場合もあるわけです。
こういった厳しい現実を目の当たりにすると「今の仕事をこのまま続けていて大丈夫なのか」とか「もっと良い会社に転職した方がいいのではないか」などと、現状の仕事に悩むことが多くなると思います。
先にも述べたように、30代ともなると身体的・能力的な衰えを感じ始めるので「自分は何でもできる!」と考える人は少なくなります。

何かやりたいと思っても「この仕事なら自分にできそうだ」「これは無理そうだ」というのがある程度最初からわかるのです。

自分の可能性は10代、20代の頃のようには飛躍的に広がっていかないし、選択肢がだいぶ少なくなっているのがわかるので、少し絶望感がありながらも、まだ希望は残っています。

【関連記事】【自分に合った仕事の見つけ方】転職で失敗しないための実戦的テクニック

30代で未経験の分野に転身することはまだまだ可能

実は、筆者自身も30代で転身した一人です。

もともと不動産会社で営業の仕事に携わっていたのですが、結婚と子供ができたのをきっかに、現状の仕事だけでは経済的に厳しいと感じるようになりました。

ただ、やみくもに転職するのは逆にリスクと思ったので、現状の仕事をしながら副業にチャレンジしようと思ったわけです。

そこで始めたのがブログを活用したアフィリエイト。
まったくの未経験者なので、タイピングの練習からスタートする必要があり、収益化まで遠い道のりに思えましたが、コツコツやることでスキルも習得でき、今では月50万円以上の収入を副業で得ています。
30代は未経験の分野でも転身可能
このようなわけで、30代は、未経験の分野にチャレンジしたとしても、十分通用する年代だと思うのです。

ですので、ご自身の現状の仕事をこの機会に見直してみてはどうでしょうか?

【関連記事】副業アフィリエイトで月10万円稼ぐために必要な作業量と時間は?

2.日々の忙しさに埋没せず新しいことを始めてみる

先にも述べたように、30代は仕事と家庭が人生で一番忙しい時期とはいえ、気力と体力も十分残されている年代。
30代にとって、仕事や家庭は、刺激や学び、喜びをもたらしてくれるもの。
今は仕事・家庭が楽しい、あるいは充実しているので、十分幸せだという人も多いと思いますが、逆に言えば「それ以外に楽しみや生きがいがない人生」とも言えるわけです。
実際、バリバリと仕事ができるのも40代までで、50代ともなると気力・体力ともにさらに衰え、脳の機能も低下し、仕事の能率が落ちていきます。

現状は、会社でエンジン的な役割を担っていても、近い将来は、若い世代が取って代わる形になっていくのです。

また、40代にもなれば子供も自立できるくらいの年齢になり、自分の人生を歩み始めますから、ある意味“家庭が充実している”と思えるのは30代までなのです。
ですので、日々の忙しさに埋没していると40代を迎えたときに自分には何もないと寂しさを感じるかもしれません。


ですので、30代のうちに新しいことを始めてみてはどうでしょうか?

忙しい日常に追われてばかりいると、ストレスや疲労から気持ちもふさぎ込みがちになりますが、マラソンやエクササイズをすると心身ともに調子が良くなります。
家族で一緒に取り組めば家族と過ごす時間も確保できる形になり、一石二鳥にも三鳥にもなるわけです。

また、仕事帰りや週末の隙間時間を活用して、学校やカルチャースクールで新しいことを学ぶのもよいでしょう。
カルチャースクールなどに通うのもおすすめ
新しいことを体験すると、人生は楽しむためにあるということを思い起こすきっかけにもなるのです。

3.両親や祖父母との関係を見直す

30代の10年間は、特に祖父母と過ごせる最後の10年間になると思います。

今では人生100年時代と言われ、長生きするお年寄りが増えてきましたが、孫が30代ともなると、祖父母の年齢は若くても80代後半くらいだと思います。

つまり、30代が終わるまでに祖父母とお別れになる可能性がとても高いのです。

現代では、祖父母と同居しているという30代はかなり少ないように思います。
おそらく、顔を合わせる機会は年に1、2回くらいなのではないでしょうか?
高齢になると、心筋梗塞や肺炎など、急病を発症することが多く、しばらく合わない間にお別れが来てしまったという形になることがとても多くなるのです。

ですので、会えるうちに、祖父母にできるだけ会っておくことをおすすめします。


また、30代ともなると、10代、20代のときにはあれだけパワフルだった自分の両親も目に見えて老化していきます。

両親についても、刻々とお別れの日が近づいているのです。

ですので、後悔しないためにも元気なうちに一緒に過ごす時間を意識的につくるようにしましょう。
もし、それが現状できていないのであれば、見直す必要があると思います。

4.パートナーシップと向き合う

20代や30代前半のうちに結婚し、子供ができるという人も少なくないと思います。
30代は、ドキドキするような恋愛が終わり、一気に現実との格闘が始まる年代です。それに伴い、パートナーとの関係性もお付き合いをしているときとは全然違ってきます。
パートナーは自分を幸せにしてくれるはずだと思ってると、怒りや失望しか生まれません。

ですので、30代はパートナーとの関わり方を上手に変えていく必要がある時期なのかもしれません。
お付き合いした当初の感覚のままのパートナーシップでは、成り立たなくなるということです。
30代ではパートナーシップの形にも変化がある
では、結婚していないという場合はどうでしょうか?

40代、50代、60代でも結婚できなくもないですが、やはり年齢が進めば進むほどチャンスは狭まってしまいます。
子供をもうけるという視点に絞って考えれば、特に女性は30代が最後のチャンスということになるわけです。


30代は加速度的に早く過ぎ去ります。
現在、パートナーがいるなら、そのパートナーとの結婚を考えてもいいですし、別のパートナーと歩くという選択もあり。今なら選べるわけです。

5.子供との時間を大切にする

子供がいるという多くの人にとって、30代は子供が一番かわいい時期であり、自分を慕ってくれる時期でもあります。

皮肉にも、30代は人生の激流エリア。
舵をとるのに精一杯で、幼い子供としっかり向き合う時間を確保すること自体がなかなか難しいのです。
しかし、「時間に余裕ができたら…」と子供と向き合うのを先延ばしにしているうちに、子供は成長しまるで別人のようになってしまいます。


親にとって子供がかわいい時期は一生忘れられないもの。
上手にバランスをとって子供としっかり向き合うことも、幸せな30代の生き方なのです。

まとめ

本記事では、30代を幸せに生きるためのポイントを5つ紹介しました。

30代を生き抜くのは大変ですが、上手な生き方をすれば喜びの多い、実りの多い10年となり、今度の人生の糧となります。

ぜひ、紹介した5つのポイントを参考して、幸せな30代を生きてくださいね!

【関連記事】後悔しないための40代の生き方とは?人生が激変する5つのポイント