タイトル

衣類に染みついた加齢臭を消したい!洗濯洗剤は何を基準に選ぶべき?




加齢臭のニオイはかなりしつこく、衣類の繊維の奥までしみ込んでしまいます。

洗濯して洗いたてのうちはニオイが気になりませんが、体温が衣類に移ると再び衣類からも加齢臭が立ち上ってくるのです。

実は、加齢臭対策に適した洗濯洗剤を使用しないとニオイは消えません。そこで、今回は加齢臭に効果のある洗濯洗剤や洗濯のやり方について紹介します。

加齢臭対策で選ぶべき洗濯洗剤とは?

洗濯洗剤とひと口に言っても、分類すると4つ種類があり、用途や強みも違います。
特に男性の場合は、生活スタイル上、洗濯洗剤とあまり接点がないため、使い分けがわからないと思いますので以下説明しておきます。


加齢臭を消す洗濯洗剤を選ぶ

洗濯用合成洗剤

石鹸と同じように、洗濯物に付着した汚れと、水の馴染みを良くさせる界面活性剤で、大きく分けて「弱アルカリ性」と「中性」があります。

弱アルカリ性

洗浄力:

衣類に付着する汚れの大半は酸性ということから、弱アルカリ性タイプの洗剤は洗浄力が強いとされています。

中性

洗浄力:

中性洗剤は洗浄力は劣るがソフトに洗えるためデリケートな衣類向きです。

ドライコース洗濯用中性合成洗剤

洗浄力:

ほとんどの洗濯機には「ドライコース」なるものがありますが、このドライコース専用の洗剤が「ドライコース洗濯用中性合成洗剤」になります。
これは先に紹介した洗濯用合成洗剤よりも洗浄力は劣りますが、衣類を傷つけないやさしい洗い方ができます。

柔軟剤

洗浄力:(洗浄力なし)

柔軟剤は洗った物を柔らかく仕上げる用途のものなので、これ自体に洗浄力はありません。
また、ほとんどの柔軟剤には香りづけ成分が含まれているので仕上がりが香ります。

漂白剤

洗浄力:(洗浄力なし)

漂白剤にも洗浄力はありませんが、シミや汚れの色素や汚れそのものを化学的に分解することができ、殺菌・除菌効果があります。

漂白剤とひと口に言っても以下の2種類があります。

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤と言えば、キッチンやトイレ、カビの除去などによく使われますが、これらより少し濃度を薄くした衣料用の塩素系漂白剤もあります。

ただ、塩素系漂白剤の漂白力は強いので、使う場合は白地の衣類に限られるというのが弱点です。

酵素系漂白剤

酵素系漂白剤は塩素系のものよりも漂白力は劣りますが、衣類を痛めることなく汚れの色素を分解することができます。

加齢臭に効くのは弱アルカリ性の洗濯用合成洗剤+酵素系漂白剤

ここまでで、一般的な洗濯に使われている洗剤や用途を整理しましたが、加齢臭対策にもっとも効果的なのは、洗浄力が強く、かつ、殺菌・除菌ができるもの
となれば、洗浄力でいえば「弱アルカリ性の洗濯用合成洗剤」、殺菌・除菌力でいえば「酵素系漂白剤」がベストとなるわけです。


実は、ほとんどの酵素系漂白剤は、洗濯用洗剤と一緒に使用しても問題ありません。

衣類にしみ込んだ加齢臭のニオイは、弱アルカリ性の洗濯用合成洗剤と酵素系漂白剤の組み合わせで対策できるのです。

ニオイを消す洗濯機を活用する

弱アルカリ性の洗濯用合成洗剤+酵素系漂白剤を使えば、衣類に染みついた加齢臭が除去できますが、溶剤や水を使わずにできる方法もあります。

それは、オゾンを放出する機能をもった洗濯機を活用することです。
オゾン(O3)は元素記号のとおり酸素原子を3つ有する気体ですが、このオゾンには非常に強い酸化力があるので、ウィルスや菌が付着すると酸化してしまいます。
その結果、ウィルスや菌が死滅するので、結果としてニオイを除去できるというわけです。
オゾン機能のある洗濯機は加齢臭対策に効果的


現在もオゾンを放出する機能をもった洗濯機は、各家電メーカーが開発を進めていて、随時新商品がリリースされています。

通常の洗濯機よりは割高になるのですが、家庭で手軽に衣類の消臭を何度でもおこなえるのであれば、加齢臭対策として長期的にはメリットがあるかもしれません。

家庭で洗ってもニオイが取れない場合

家庭で洗ってもニオイが取れないという場合は、クリーニング店に相談しましょう。

クリーニング店では、主に溶剤を使用して洗浄するので、水と洗剤では取れない脂汚れも落ちます。

ちなみにクリーニング店では、衣料の素材や染め方を見ながら、そしてお客さんの要望(例えば、汚れを落としたいのかニオイを消したいのか)によって洗い方を変えるので、ニオイを消したい場合はその旨を相談するとスムーズです。

【関連記事】加齢臭はどこから臭う?加齢臭のメカニズムと今すぐできる3つの対策法