タイトル

間違うと毛をなくすから!薄毛対策に効果的な男性用シャンプーの選び方




最近では薄毛対策シャンプーなるものが人気で各メーカーがしのぎを削っています。

確かにこうした薄毛対策シャンプーは男性の抜け毛を減らすという点では効果的なのかもしれません。

しかし、こうしたシャンプーを使用すれば抜け毛は多少減るが、その一方で、次に生えてくる毛の本数も減ってしまうのをご存知でしょうか?

まず知るべき!ちまたの薄毛対策シャンプーで毛をなくす男性が増えている

冒頭でお話ししたように、薄毛対策商品が次々と新商品を出し、消費者を煽っているため、多くの人はそれらを使えば発毛が促進されたり、抜け毛が減るのと思い込んでいます。
これらのメーカーは「薄毛の原因は頭皮の皮脂が多いためだ。だからシャンプーでしっかり皮脂を取り除き、なおかつ育毛剤を毛根にしみこませれば発毛する」と主張しています。
しかし、こうした刷り込まれた一般常識と真実は正反対なのです。
結論から先に申し上げると、これまでのセオリーどおりにシャンプーを選んで使用していると、頭皮を痛めて髪の毛をなくしてしまうことになりかねないのです。
実は、私自身も疑うことなく頭皮の脂を取るシャンプーと育毛剤を使い続けて薄毛を促進させてしまった一人。

ですので、この記事を読んでくださっている皆さんには、私のようになって欲しくないと思います。

実は、多くの人が「悪」だと思っている頭皮の皮脂は、ヒトの発毛にとって重要な役割を果たしています。

健康な皮脂膜は、外部から侵入しようとする有害物質や細菌からの感染を防ぎ、頭皮の水分が必要以上に蒸発するのを防ぐ保湿作用があります。
頭皮をチェックする男性
また、汗と混ざることで皮膚を弱酸性にするため殺菌効果があり、頭皮を悪い菌から守っているのです。
こうした皮脂の「防御力」があるおかげで、頭皮は健康な状態を保つことができ、頭皮の血流も促進されるわけです。


しかし、強力なシャンプーで皮脂をごっそり取り除き、なおかつ育毛剤という異物(化学物質)を無理やり毛穴に押し込む行為は、頭皮を不健康にし、血流も悪くします。

ですから、髪に栄養が届かず次の毛が生えてこなくなるのです。

薄毛は皮脂の分泌を正常化して血流をよくすることで改善する人が多い

前項でお話ししたように、多くの人が薄毛の問題を抱える理由は、強力なシャンプーによって皮脂を取り除き、頭皮の血流を悪化させてしまったことによります。

しかし、テレビで芸人さんが自分の薄毛をネタにして笑いを取りますが、照明のせいもあってか、頭皮がテカテカして見えますよね。

そのような光景を見ると、皮脂が正常に分泌されていて頭皮が健康な状態なのでは?と思うかもしれません。

実は逆なのです。

頭皮表面がテカっている人ほど皮脂の分泌量が少ない傾向にあります。

こうした人は見た目にはテカっていても、頭皮をお湯に浸すと皮脂がほとんど流れ出ません

ある薄毛対策の専門家がデータを10年間取ってみたところ、薄毛の人は共通して皮脂の分泌量が少ないという結果だったことからも明白なのです。

皮脂の分泌量が少ない原因は、その人の生まれながらの素質による部分もありますが、長年皮脂を強力に取り除いてしまうシャンプーを使用してきたせいもあるのです。

つまり、頭皮の血のめぐりが悪くなっており、生えるべき次の毛が育たない現状なのです。
血のめぐりが悪い頭皮
ですから、皮脂を取り除くシャンプーをやめたり、頭皮にとって異物である育毛剤の使用をやめ、皮脂の分泌量を正常なレベルまで戻すことが必要なのです。

私は、この薄毛対策を実践した結果、実践して4ヶ月目には髪の毛にハリが出て薄かった前髪も気にならない程度までになりました。

皮脂は詰まらない、だから薄毛対策用シャンプーはこの視点で選べ!

ここまでのお話しで、皮脂の分泌を促進することが頭皮の血流をよくし、薄毛対策になることをお話ししてきました。

しかし、この記事を読んでいる方の中には、皮脂量が多くなると毛穴が詰まって逆に薄毛になるのでは?と疑問を持つ方もいるかもしれません。

皮脂は汗と同様、ヒトの毛穴から分泌される液体なので、それが毛穴を詰まらせるようなことはありません

考えてみてください、毛穴は体温調節や老廃物を排泄する重要な役割を担っていますから、そのような働きが毛穴自らが分泌する物質によって阻害されるというのはおかしな理屈です。

もし、毛穴が皮脂で詰まるようなケースがあるとすれば、毛穴の排泄能力が何らかの障害によって機能していないか、衰え切ってしまっている場合のみです。
ですから、皮脂は薄毛対策には必要な要素であり、毛穴は詰まらないのだということを思いにとめておきましょう。
頭の皮下組織の断面図
皮脂を取り除くシャンプーや育毛剤の使用をやめてしばらくすると、頭皮の血流が良くなり、薄毛が改善してきます

しかし、頭皮に皮脂が正常に分泌されるのはよいのですが、皮脂が髪の毛に接触するようにもなるため、髪の毛がベタついてしまうのです。
これらのことから、私のおすすめは頭皮の皮脂を取り除くシャンプーではなく、皮脂を保護する頭皮に優しいシャンプーを選ぶことです。

薄毛対策におすすめのシャンプーをピックアップ

これまで、男性の薄毛対策に効果的なシャンプーの選び方のポイントについて紹介してきましたが、ちまたで販売されている男性用シャンプーはどれも皮脂をゴッソリ取り除く系のものばかり。

そのようなシャンプーを使用していては、発毛に必要な頭皮の皮脂まで取り除かれてしまって、毛が育たないわけで、薄毛対策にはなりません。
しかし、女性用のシャンプーであれば、オーガニック(植物成分を原料として作られている)系のものがかなり増えてきていますから、それを活用するとよいと思います。


こういったオーガニック系のシャンプーは女性だけでなく男性の薄毛対策にも効果的です。

以下にオーガニック系のシャンプーでおすすめのものをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

.N(ドットエヌ)

.N(ドットエヌ)
商品名
.N(ドットエヌ)シャンプー&トリートメントセット
価格
3,600円
販売会社
株式会社 オーガニック

シリコン、合成防腐剤、石油系界面活性剤すべて不使用

成分(シャンプー)
桑白皮、生姜、桑の葉、桑の実、茶の葉、桜花、三島紫胡、ハトムギの種子、冬菩提樹 (ゆふぼだいじゅ)、アロエベラ
成分(トリートメント)
桑白皮、桜花、桑の葉、桑の実、茶の葉、三島紫胡、ハトムギの種子、カレンドュラ、椿油、向日葵油、アルガン油、ホホバ油
購入 シャンプーとトリートメントがセットになっている商品で、1ヶ月ごと定期的に商品が届く定期購入になります。初回は3,600円、その後継続する場合は4,800円ですが、解約はいつでもできますので、値段から考えても定期購入の方が断然お得です。
強み 女性用に売り出しているシャンプー&トリートメントですが、男性でももちろん可。シリコンや硫黄系原料、合成防腐剤、合成香料、合成着色料、遺伝子組み換え原料などを一切使用していないのがうれしいですね。

HANAオーガニック

商品名
HANAオーガニック(リセットシャンプー&3wayトリートメントパック)
価格
5,070円
販売会社
えそらフォレスト株式会社

主に和漢植物とハーブで構成されており、頭皮ダメージの改善にも焦点をあてている

成分(シャンプー)
水、オレンジ果実水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ペンチレングリコール、(カプリリル/カプリル)グルコシド、プロパンジオール、α-グルカンオリゴサッカリド、ドクダミエキス、センブリエキス、キハダ樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、コンフリー葉エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローズマリー葉エキスなど
成分(トリートメント)
水、オレンジ果実水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、プロパンジオール、グリセリン**、ペンチレングリコール、セテアリルアルコール、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、ベヘニルアルコール、α-グルカンオリゴサッカリド、ドクダミエキス、センブリエキス、キハダ樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、コンフリー葉エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキスなど
購入 シャンプー、トリートメントともに単品販売もしているが、定期便だと1本あたりの値段が3割近く安く、解約はいつでもよいため定期便での購入がおすすめです。
強み こちらも女性用として売り出しているが、男性ももちろん可。この商品は傷んだ頭皮のケアにも効果的なので、これまで皮脂を取り除くシャンプーを使用し頭皮が痛んで毛が育たなくなっている人に最適だと思います。

まとめ

今回は、間違った薄毛対策や本当に薄毛に効果的なシャンプーの選び方、またおすすめの薄毛対策シャンプーについて紹介しました。

皮脂を取り除くヘアケアは薄毛を促進させるだけでなく、頭皮のトラブルにもつながっていきますから、ぜひオーガニック系のものを選ぶようにしてくださいね!

【関連記事】さっぱり系メンズシャンプーの選び方と【2019年】おすすめランキング