タイトル

彼氏とのマンネリ対策に効く5つの手段「あの頃の気持ちを味わうために」




彼氏との付き合いがマンネリ化してくると、付き合い始めたばかりの頃の感覚を取り戻すことはできないだろうか?と悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、彼氏とのマンネリ化に対策する方法について紹介します。

彼氏とマンネリになってきたらチャンスだと思うべし!

“マンネリ”という単語だけ切り取ると、ネガティブなイメージが先行しますが、少し視点を変えれば「お互いを理解し合えている、許し合えている関係」「よい関係を過ごしているからこそ起こる現象」とも評価できますよね。

そもそも、マンネリはどのカップルでも直面するものなので、お互い、あるいは一方に落ち度があるから起こるというものではありません。

まず、その点をしっかり理解しておきましょう。

そうはいっても、マンネリは気分的にあまり歓迎できるものではありませんよね。
マンネリ化に悩む女性は多い
ですので、おすすめしたいのは、マンネリを感じたらチャンス!と思うようにすることです。
先にもふれたように、マンネリとは、ある意味ポジティブなのです。マンネリは「二人の関係が次のステージへとレベルアップした裏付け」というわけです。
ですから、この機会に「もっと彼を魅了するために私は今後何をしていけばいいのか?」とか「彼にもっと素敵な男性になってもらうために私は何ができるか?」ということを考えてみてはどうでしょうか?


このように考えると、マンネリは自分自身と彼をより成長させ、魅力的にしていく大チャンスでもあるわけです。

以降では、マンネリを感じたときに試してみてほしいことを5つ紹介しますので、参考にしてみてはどうでしょうか?

1.距離を置いてみる

彼氏との距離を一定期間置いてみる。

一見するとネガティブな印象かもしれませんが、独りになりクールダウンすることで改めて彼の大切さや愛おしさを感じることができます。
人気バンドが活動を一時休止して、それぞれソロ活動をしたり、音楽からいったん離れたりした後に、メンバーが再集結して、活動を再開。結果的に以前より良い活動ができるようになったというような話しは少なくありません。

親元から離れたときに初めて親のありがたみがわかるというのも、これと似ていますね。
ですので、一定期間お互いの距離を置いてみることは、お互いを見つめなおす、関係を深め合う最高のイベントとも言えます。

2.いつもと違う環境をつくる

仕事や趣味でも同じですが、恋愛においてもパターン化、ルーティン化してしまうとだんだんマンネリ化していってしまいます。

とはいえ、忙しい日常の中で新鮮味のあることを次々と取り入れていくのは大変ですし、お金もかかりますよね。

ですので「いつもと少し違う雰囲気を二人で味わう」というような感覚で新鮮味を出していくとマンネリ対策できるかもしれません。


いつもと違うデートをしてみる
例えば、いつもとは違うコースを二人で散歩してみるとか、今までのデートはオシャレなレストランが多かったけれど、あえて大衆食堂に行ってみるとか、二人で映画を見るときは決まって恋愛ものだったけれど、ホラーを見てみるとか、今までのパターンに少し変化を加えるだけで、相手の新たな一面を発見することができるものです。
このような「微妙な変化」を二人で楽しめるとベストですよね。

3.ダブルデートやグループデートをしてみる

いつも二人っきりで過ごしていると、どうしてもその分だけマンネリ化が加速してしまいます。

ですので、おすすめしたいのは、ダブルデートやグループデートを企画してみることです。
自分たち以外のカップルはどのような感じでいつもコミュニケーションをとっているのかとか、デートはどこに行っているのかなど、そのようなことを見たり聞いたりすると、けっこう勉強になるものです。


他のカップルと交流することは、新たな視点の発見にもなりますし「これは良さそうだな」と思ったやり方を自分たちの恋愛に取り入れることもできますよね。

また、ダブルデートやグループデートではちょっとしたドキドキ感を味わえるのもグッドです。

そのような場では、自分の彼氏が異性と会話する場面もあるでしょう。
ダブルデートやグループデートには新しい発見がある
その場面を見たときに嫉妬にも近いような、なんとも言えない感覚を覚えませんか?

他の女の子と話しているところをさりげなく見せつけられて「彼氏が他の女の子に取られたらヤバいな…」と感じますよね。

ダブルデートやグループデートは、彼氏を一人の男性として客観視できる良い機会になるのです。

【関連記事】どうしても彼氏の浮気疑ってしまう!原因と疲れないための対処法

4.記念日にイベントを企画する

二人の関係がマンネリ化してしまうと、誕生日やクリスマスなどの重要度がだんだん低くなっていってしまうものです。
しかし、こうした“記念日”をスルーしてしまうと、二人が出会った頃のドキドキした感じとか、お互いへの感謝の気持ちなどを思い出すきっかけがなくなってしまいます。


ですので“記念日”には、重い腰を上げてでも二人でイベントを企画するようにしましょう。

服装や食事に凝る必要はなく、ローソクを立てたケーキを二人で囲むだけでも十分ですし、仕事などでお互いの予定がどうしても合わないときは、電話で気持ちを伝えるだけでも十分です。

こうしたイベントはお互いを見つめ直すとても良いきっかけになるのです。

5.髪型やファッション、メイクを変えてみる

男性の場合、女性と違って視覚から入ってくる情報をもとに異性に興味を持ちます。

しかし、付き合いが長くなるほど容姿に慣れてしまい、男性にとっては新鮮味がなくなってきます。

そこでおすすめしたいのが、ヘアスアイルやメイク、ファッションを一新してみることです。
例えば、これまでストレートだったヘアスタイルが巻髪になったり、ガーリーなメイクが大人っぽいメイクになったりするだけで「おっ!なんか変わったな」と彼氏に思ってもらえるでしょう。
メイクを変えてみる
こうしたことは、彼氏にとって自分の彼女を見つめ直す良いきっかけになります。

ただ、注意しなければいけないのが、微妙に変えるのはNGということ。

男性は、女性ほど細かくないので、ちょっと前髪を切ったとか、髪の色をワントーン明るくしたなどの微妙な変化では気付きません。
「頑張ったのになぜ気付いてくれない?」と、彼氏ともめる原因にもなります。

ですので、変えるときは、ガラッと変えるのがおすすめです。

また、ダイエットを頑張るのもいいかもしれません。

【関連記事】【男女別】体脂肪率の理想の数値は?ヤバいのは体脂肪率何%?

「釣った魚にエサはやらない」のはマンネリ化が原因?

最後に。

マンネリ化してくると、女性は「釣った魚にはエサはやらないのね」とネガティブな感情になってくると思います。

しかし、それは彼の愛情が冷めてしまったということではないのです。

男性は物事に対して一点集中型でアプロ―チする性質があるので、意中の女性を射止めようとしているときはその女性に対して夢中になりますが、手に入れた後は、自分とその女性との未来に意識が行くようになります。
好きな女性とずっと一緒にいるためには仕事を頑張らなければならないですし、自身も一人の男性として彼女を守るために成長していかなければダメだと考えるようになるのです。


多くの女性はそれを「愛が覚めた」と勘違いしてしまいがちですが、それは違うということですね。

ですので、彼の向いている方向を自分も向くということも大切になってきます。

そう考えると、マンネリ化は新しい道への入り口なのかもしれません。

【関連記事】彼氏から愛されていないと感じるときのNG行動と3つの対処法