タイトル

アラサー女子が片思いを成就させるための5つの秘訣




若いときは、片思いの男性に対して“若さ”を武器にアプローチできますし、フラれても「まだ私は若いんだし、次の恋を見つけられる」と思えるものです。

しかし、アラサー世代になってくると、恋愛は若いときのように一筋縄ではいかなくなります。

そこで今回は、アラサーが片思いを成就させるための5つの秘訣を紹介します。

アラサーの片思いはツライ?でもアラサーならではの強みがある

「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」

これは有名小説家の林芙美子(ふみこ)氏が残した短詩ですが、女性の人生を花になぞらえ、若く楽しい時期は短く、それが過ぎると苦しいことが多いということを表現したもの。
アラサーの片思いは辛い
アラサーにもなると、恋愛で傷ついた経験や結婚への意識が、恋愛を難しくしてしまい、片思いしている男性にどうアプローチしていったらいいのかわからなくなってしまいます。
一見すると、アラサーの片思いを成就させるのは至難の業のように思えてしまいがちですが、10代や20代前半の女子にはないアラサーならではの強みもあるのです。


ですから、アラサーの強みを上手に生かせば、今の片思いを成就できる可能性は十分あります。

1.母性をアピールする

女性の「ファザコン」は少数派ですが、男性の「マザコン」は比較的珍しくありませんよね。

もちろん家庭環境や生まれ持った性格などによって個人差はあると思いますが、男性は大人になってもどこかで母親を求めている部分があります。

実は、性別に限らず、人は父性と母性の両方を持ち合わせています。ようするに、男性でも母性を潜在的に持っているということです。
人間は、父性と母性がバランス良く保たれている状態がベストのようですが、男性の場合、厳しい社会でもまれるうちに、バランスが崩れ父性がより強くなってしまうそうです。
そうすると、本能的に母性を求めるようになります。

母性とは、女性特有の母親らしい資質。こういった資質は男性にとって癒しや慰め、安らぎになります。

ですので、まずは片思いの男性に対して要所要所で気配りや気遣いを示すことから始めてみてはどうでしょうか?
例えば、仕事が大変そうだったら「仕事大変そうだけど大丈夫?」とか、「無理しないでね」とひと言かけてあげるわけです。

よく「美人は3日で飽きる」と言われますが、最終的に男性の心をわし掴みにするのは母性なのではないかと思います。

2.弱い自分を隠さない

前項で、片思いを成就させる一つ目のポイントとして母性をあげましたが、息子を包容する母親のような資質だけではダメです。

先にもお話ししたように、男性の大部分は父性が占めています。父性とは「放っておけない」「守ってあげたい」という本能。

そもそも、母性をアピールばかりしていると、男性のプライドにさわるリスクが高くなります。「子供扱いしやがって」とか「余計なお世話だ」ということになりかねません。

バランスが大事です。

ですので、時には男性の父性をくすぐってあげましょう。
男性の父性をくすぐる
特に、片思いの相手が年下であれば、なにかと虚勢を張ってしまいがちですが、時には素直に自分の弱い部分を見せることです。

いつもはしっかり者に見える女性が、時より見せる弱さは、男性にとってはかなりのインパクトになります。

また、素直に弱い自分を見せることで、ありのままの自分でもいられます。

3.片思いの彼と適度な距離感を持つ

片思いしている期間中は、相手との距離感をどの程度にしたらよいのか迷いますよね。

恋人同士であれば、毎日メールや電話をしても不自然ではないですが、片思いの場合はそういうわけにはいきません。
距離感を縮め過ぎてしまうと相手に違和感を与えてしまったり、引かれてしまったりする懸念もあります。
ましてやアラサーという年代。若い女の子であれば好きな人を追う姿は健気(けなげ)で可愛くもありますが、アラサーでそれをやってしまうとただの「痛い人」になりかねません。
とはいえ、相手との距離を長くとってしまうと、寂しく感じたり、他の人に取られてしまうかもと心配にもなってしまいます。

ですから、片思い期間中はバランスを取るのが非常に難しく感じると思います。
段階に応じて取るべき距離感が違ってきますが、例えば、職場などで会えば少し話す程度の現状であれば、積極的に話しかける回数を増やしていき、親友のようになっていくとよいです。
しかし同時に、エレベーターなどで二人っきりになったときにドキッとさせる雰囲気も必要です。


ただ、アラサーという年代。前のめりになるとかなり違和感が出てしまうので、基本的には控えめなアプローチが自然です。

4.身だしなみや身の回りの管理をしっかりする

美人でも身だしなみが悪かったり、職場や家で整理整頓ができていなかったりするとなかなか彼氏ができないものです。

若い女の子であれば、それが男性の目に可愛らしくさえ映るかもしれませんが、アラサーで身の回りの管理がしっかりできていないのは男性の目にかなり痛く映ります。
アラサーは身だしなみを整えることが大切
しかし、身だしなみや身の回りの管理がしっかりできていると男性の目には「家庭的な人」に映り好印象を与えます。
例えば、身だしなみであれば、洋服の毛玉やシワ、肌や爪、髪、口臭や体臭のケアは徹底しておこないましょう。また、メイクやファッションの研究も女子力を上げるために必要です。


このようなことには手間やお金がかかりますが、こうした努力が他の人との差につながっていきます。
男性は外見を重視して女性を見る傾向があるので、片思い中には特に頑張るべきポイントです。

【関連記事】【男の本音で語る】彼氏が欲しいのにできない理由トップ10

5.片思いを楽しむことに集中する

いつも楽しそうにしている人のところには自然と人が集まってくるもの。

テレビでもユーチューブでも、出演者が楽しそうに笑っていると、たいして興味のない分野の番組でも、なんとなく観てしまいますよね。

片思いしているときは、辛さや焦りからナーバスになりがちなので、意識して片思いを楽しむようにしてみましょう。
例えば、彼の好みの服装やメイク、髪型などをリサーチして研究したり、「今日は彼とひと言でもいいから会話をする」などの目標を立てて実行したりすると、片思いを楽しめるようになります。


女性は恋をしているときは、女性ホルモンの分泌が盛んになると言われていますので、このチャンスにお肌のケアに力を入れるのもよいかもしれません。

視点を変えれば、片思いは存分に楽しめますし、楽しくしていることによって幸運を引き寄せやすくなります。


メイクを研究するなどして片思いを楽しむ

まとめ

本記事では、アラサーの片思いを成就させる上で必要不可欠な5つのポイントを紹介しました。

片思いは自分を見直したり、磨くチャンスでもあります。ここで紹介したポイントを参考にぜひ頑張ってくださいね!

【関連記事】恋愛がうまくいかない女性に共通する3つの特徴と改善策