タイトル

どうしても元カレと復縁したいときに持つべき視点と復縁できる理由




彼氏から別れを告げられたけどやり直したいと思ったときに、どうしたらいいでしょうか?

このとき、ヘタに元カレに復縁を迫ってしまうと、さらに悪い方向に向かってしまい、二人の関係を修復するこが不可能になってしまうことも。

そこで今回は、元カレと復縁したいときに持つべき視点や、元カレと復縁が可能な理由について解説します。

復縁の扉は、まず別れを受け入れることから開けてくる

彼氏から別れを切り出されてしばらくの間は、気持ちの整理がつかないと思います。

「ずっと一緒にいよう」「結婚したいと思っている」と過去に彼氏から言われた言葉がずっと頭の中に残っていて、「あれはウソだったの?」とか「裏切られた!」など、怒りや悲しみでいっぱいになるわけです。
しかし、まずは、彼氏から言われたこうした“過去の言葉”を忘れ、とらわれないようにすることです。
意識的に“過去の言葉”を頭から消去していかないと、どこかで淡い期待を持ってしまい、それが、今の自分を余計に苦しめることになるからです。
ですので、過去は過去と割り切って、今ここから新しい自分がスタートするのだという意識を持つようにしましょう。
新しい自分をスタートさせる
そのようにすると、いっけん、復縁とは逆の方向に向かいそうな気もするでしょうが、まずはこの作業をしないと復縁の扉は開けません。

過去の自分のあり方を見直す

気持ちの整理がついてきたら、さらに一歩進むために「なぜこのような結果になったのか?」をしっかりチェックすることが必要です。

別れを告げられると、自分は被害者だと感じたり、彼を責めたい気持ちにもなります。
しかし、冷静に考えれば「ずっと一緒にいよう」「結婚したい」と過去に彼が言った言葉に嘘はなかったと思いませんか?
結婚詐欺師だったりすれば話しは別ですが、それは嘘なのではなく、当時、彼は本当にそう思っていたから言ったのだと思います。
ただ、彼はあなたとの未来を考えていく中で、関係を築いていくのが難しいと思うようになって、別れを選択しただけなのです。

もしかしたら、あなたが良かれと思って彼氏にしてきたことが、逆に彼氏にプレッシャーになっていたり、疲れさせてしまっていたのかもしれません。

そうだとしたら、今の状態で彼氏に復縁を期待しても、また同じ結果になるでしょう。
ですので、別れているこの期間を利用して、過去の自分を客観的に見直し、ダメな部分を修正するようにすべきです。


復縁を成功させるためには、自分を変えることが絶対に必要です。

【関連記事】恋愛がうまくいかない女性に共通する3つの特徴と改善策

新しい自分へと進む意識が大切

別れている期間は、ぜひ「新しい自分」をつくることに全力を注いでください。

とはいえ、何をしたらいいのか迷うと思いますので、具体例をいくかあげてみます。

自分磨きをする

例えば、ファッションやメイクの研究をしたり、運動して健康を向上させたり、ダイエットしたり、語学の勉強や資格の取得を頑張ってみるなど。

いったん恋愛のことは置いておいて、ひたすら自分を磨くわけですね。どんなことでもよいので、自分という人間をレベルアップできることにどんどんチャレンジしていきましょう。

趣味に没頭する

彼氏と別れている時間はポジティブに考えれば「時間を自分のために使えるチャンス」とも言えます。

ですので、やりたかったけど今まで時間がなくてできなかったことを思いっきりやってみてはどうでしょうか?実は、こうしたことも自分磨きの一環です。

海外に行ってみる、一眼レフカメラでキレイな景色を撮ってみる、登山してみる、キャンプしてみる、絵を描いてみるなどして、別の世界に触れると知見が広がり、心の広い女性になれるはずです。

趣味に没頭する

新しい友達をつくる

彼氏がいると、交友関係も制限されがち。特に男性の友達をつくるのはなかなか難しいですよね。

子供は、先生や親に教えられることによって成長しますが、大人になると人間的に成長するためには、人との出会いが大きなカギになってきます。

新しい友人をつくることも自分磨きになるのでおすすめです。

元カレと復縁できる可能性が十分ある理由

とはいえ、どんなに自分磨きして待っていても「元カレと復縁できる保証なんてない」とネガティブになってしまうこともあると思います。

しかし、男性の場合、女性では考えられない要因で別れを選択することもあるため、復縁の可能性は十分あると言えるのです。

つまり、男性は「すごく好きだけど彼女と別れる」ことが多々あるからです。

男性は社会的合理性で別れを選ぶケースが多い

女性が彼氏と別れるときは、大概“彼氏が嫌になった”というケースが多いですよね。
もちろん、男性もそのような理由で別れを選択することもありますが、それ以上に別の理由で別れを選択することが多いのです。

1つは、社会的な合理性を重視して別れを選ぶときがあるということです。

例えば経済的な問題。
「今の給与で彼女とやっていけるだろうか」とか、「経済力がないので、彼女にいい思いをさせてあげられない」などという思いが、男性に別れを選択させることなんて多々あります。
別れに経済的な問題があることは多い
男性は普段から厳しい社会にもまれて生きていて、社会的な合理性で物事を見る傾向が強いので、好きだという気持ちだけではダメだと思ってしまうものなのです。

心地良い環境が別れの要因になるケースも多い

女性からすれば信じられないかもしれませんが、時として彼女がもたらす「心地良さ」が逆に男性を苦しめるときがあります。

つまり、男性は、恋愛がうまくいっているときほど「俺はこんなことでいいんだろうか?」という気持ちになったりするものなのです。
男性は理性で自分を制御しようとするため、理性を超えるパワーをもつ恋愛に対して不安や怖さを感じることもあります。
前触れもなく急に別れを切り出されるパターンの場合は、このような背景が多いように感じます。

復縁はクールダウンした後に道が開ける

先にも説明したとおり、男性の場合は彼女のことが好きであっても、別れを選択します。

ということは、嫌われていないので、復縁できるチャンスは大いにあるということです。

一定の期間をおくことで、男性の経済状況が改善されたり、視野が広がることも多くあるので、復縁はクールダウンした後に道が開けます。


【関連記事】【デキる女子はこうしていた!】恋愛が長続きする5つのポイント