一度でいいから飲んでみたい!入手困難な高級日本酒ランキング【2020年最新】

一度でいいから飲んでみたい!入手困難な高級日本酒ランキング【2020年最新】

最終更新日:2020年6月2日
日本酒は全国各地でつくられていて、その地域ならではの味わいが楽しめます。
一般的な日本酒の価格帯は1本あたり数百円から数千円ですが、中には数万円、十数万円と高級なものもあります。

本記事では、日本酒の中でも入手困難で高級な日本酒をランキングで紹介します。

高級な日本酒の選び方ポイント

一般的な価格帯の日本酒選びと違って、数万円、十数万円の日本酒となると、どのような視点で選んだらよいのかわからなっくなってしまいますよね。

そこで、まず高級日本酒の選び方のポイントについて見ていきましょう。

味わいで選ぶ

日本酒には甘口と辛口がありますが、これらは日本酒度(原料のお米の糖分の多い少ないで決まる)と酸度(お酒に含まれる乳酸やリンゴ酸の量で決まる)で決まります。

この2つの数値が高いほど辛口になり、低いほど甘口ということになります。
このあたりは好みで決めてよいでしょう。もしプレゼントとして高級日本酒を贈る場合は、事前に相手の好みをチェックしておくことをおすすめします。


高級日本酒は味わいや香りで選ぶのがおすすめ

香りで選ぶ

香りも高級日本酒の醍醐味です。

日本酒の味わいはお酒そのものの味に香りが加わることで成り立っています。
特に熟成種や吟醸酒は香りが強い傾向があり、逆に純米酒や清酒は香りが弱い傾向があります。

銘柄で選ぶ

平成30年度の国税庁調べによると、日本の酒蔵は全国で1,300以上あるようです。

全国の酒蔵は、後継者不足などで減少傾向にあるようですが、それでも現在2万以上の銘柄があると言われています。

特に日本酒初心者の場合は人気銘柄で選ぶのがよいかもしれません。
獺祭、久保田、八海山、十四代、くどき上手などは万人受けしやすい銘柄と言えます。

【関連記事】【知って今すぐ役立つ日本酒の豆知識】自分に合った日本酒選びの近道

ちょっぴり贅沢したいときに!おすすめ高級日本酒ランキング

高級日本酒といえどもさまざまなものがありますが、今回はその中でも選りすぐりの日本酒をランキング形式で紹介します。
プレミアが付いてしまってなかなか手に入らないレアなものもありますが、ぜひ参考にしてくださいね。

十四代 中取り大吟醸

十四代 中取り大吟醸

出典:amazon

  • 蔵元:高木酒造産地:山形県
  • 参考価格:1本 22,680円
特長 芳醇な香りと甘みを最大限に引き出すために長期低温発酵されており、手しぼりで丁寧に仕上げるため希少性が高くなっている。
【試飲した感想】
非常に香り高く、ワイングラスで回して少し空気にふれさせるとフルーティーさ、エレガントさが加わり、まったく違う香りになります。
舌触りも丸くてツヤがあり、非常になめらかな飲み口、上品な味です。口に含んだ瞬間に感動します。

新政 No.6 X-type

新政 No.6 X-type

出典:amazon

  • 蔵元:新政酒造産地:秋田県
  • 参考価格:1本 9,800円
特長 現存する最古の酵母と言われる6号酵母の発祥の蔵として知られる新政酒造がつくる超人気銘柄。
【試飲した感想】
乳酸の香りと酸味がほんのり感じられ、さわやかさもありますが、その一方でヨーグルトのようなミルキーな滑らかさもあります。
フルーティーさや、甘みは抑えられていて、苦みと酸味を楽しめる一品です。

而今 純米吟醸 東条山田錦

而今 純米吟醸 東条山田錦

出典:amazon

  • 蔵元:木屋正酒造産地:三重県
  • 参考価格:1本 12,255円
特長 香りが華やかで、舌触りも濃蜜だが、飲み口はクリアでとてもフルーティー。イタリアンなどにもよく合う。
【試飲した感想】
見た目は少しにごりがある感じで、舌触りに丸みがあります。
口に含んだ瞬間に甘みと酸味が感じられるが、徐々に甘みが切れていって酸味が強く残ります。
口の中で味の変化を楽しめる一品です。

花陽浴 純米大吟醸山田錦

花陽浴 純米大吟醸山田錦

出典:amazon

  • 蔵元:南陽酒造産地:埼玉県
  • 参考価格:1本 15,200円
特長 近年注目度が高まっている埼玉県の酒蔵のひと品。一貫して手づくりにこだわり、果実のような甘みと酸味、コクも楽しめる。
【試飲した感想】
無ろ過、火入れなし(生)、加水無し(原酒)というタイプ。
無ろ過のためにごりが多少あり、非常に香高く、ひと口飲むと甘さとうま味が口の中に広がりますが、後味に苦みと酸味が残る。味わいが楽しい。

田酒 純米大吟醸 斗壜取

田酒 純米大吟醸 斗壜取り

出典:rakuten

  • 蔵元:西田酒造産地:青森県
  • 参考価格:1本 16,500円
特長 一度は飲んでみたい青森の銘酒。ネーミングには「田んぼのお米でつくられた」という意味合いがあるのだとか。
【試飲した感想】
華やかなお米の香りとまろやかな味わい。気品あるふくらみがありながらも、キレがよくさわやかでスッキリしています。
お米のうま味がしっかりと感じられて飽きのこない味わいです。

越路吹雪 純米大吟醸 越淡麗35

越路吹雪 純米大吟醸 越淡麗35

出典:amazon

  • 蔵元:高野酒造産地:新潟県
  • 参考価格:1本 5,500円
特長 新潟県限定の酒造好適米「越淡麗」が使用されている。長期低温発酵で丁寧に仕上げられ、フルーティーな味わいが特徴。
【試飲した感想】
洋ナシのようなフルーティーな味わいがあり、生酒の甘さが際立っています。
雑味が一切なく透明感のあるスッキリとした味わいで非常に飲みやすいです。のど越しもサラサラで口の中にフルーティな余韻が強く残ります。

高級日本酒値段比較一覧

画像 十四代 中取り大吟醸

1位

新政 No.6 X-type

2位

而今 純米吟醸 東条山田錦

3位

花陽浴 純米大吟醸山田錦

4位

田酒 純米大吟醸 斗壜取り

5位

越路吹雪 純米大吟醸 越淡麗35

6位

品名 十四代 中取り大吟醸 新政 No.6 X-type 而今 純米吟醸 東条山田錦 花陽浴 純米大吟醸山田錦 田酒 純米大吟醸 斗壜取り 越路吹雪 純米大吟醸 越淡麗35
容量 720ml~ 720ml~ 720ml 720ml~ 1800ml 720ml~
日本酒度 +4 +0 ±0 +1.5 +2 +1
参考価格 22,680円~ 9,800円~ 12,255円~ 15,200円~ 16,500円~ 5,500円~
詳細

まとめ

今回は入手困難ですが、一度は飲んでみたい高級日本酒の選び方やおすすめの銘柄をランキング形式で紹介しました。

高級日本酒には低価格なものにはない味わいや香りがあり、感動すら覚えることも少なくありません。
本記事を参考に、高級日本酒にもチャレンジしてみてはどうでしょうか?

【関連記事】プロが厳選!全国日本酒おすすめランキング20選【2020年最新版】


最終更新日:2020年6月2日